ニュース一覧

住空間のデザインを学ぶ

インテリア

学校で学べる様々な知識

インテリアに関する専門学校へ進学すると、建物の内装やコーディネイトなどに関する様々な専門知識を学ぶことができます。学校の授業では現役のインテリアコーディネーターなどが講師を担当し、住空間のデザインや店舗設計の基礎のほか、照明やインテリアに関する知識を総合的に学んでいきます。商品の良さを一目で伝えられるような演出方法や、イベントスペースの集客テクニックのほか、舞台やテレビ番組などの装飾などに関する技術なども身につけられます。実習では材料や施工方法などに関する知識を深めるために、壁紙やカーペットの張り替えを体験し、施工の流れや注意点などを学習します。また高齢化社会に対応したバリアフリーや医療的見地に基づいた設計やプランニングなど、時代の流れに沿った知識や技術を習得するためのカリキュラムも用意されています。専門学校には高スペックのコンピュータが用意されていますので、CADやプレゼンテーションなどのソフトウェアの操作方法や、様々なアイデアの表現方法を学ぶことができます。インテリアコーディネーターなどの資格を取得したい学生のために、対策講座なども用意されていて、合格までしっかりサポートしてもらえます。専門学校に通って目指せる資格としては、二級建築士やインテリア設計士のほか、インテリアプランナーやCAD利用技術者基礎試験などがあります。専門学校でしっかりと学んだ後は、インテリアコーディネーターやリフォームコーディネーター、ハウジングアドバイザーなどとして活躍することが可能です。

Copyright© 2018 インテリアの専門学校でプロを目指す【就職のサポートが手厚い】 All Rights Reserved.